WEBディレクター歴戦個体ブログ

ベンチャー企業/WEBディレクター

クライアントや上司への報告資料の作り方【ポイントは3つ】

f:id:wt_maeji:20211016100041j:plain

WEBディレクターの前島です。

 

「報告資料の作り方が分からない…」

「どうすれば上手く伝わる?」

 

報告資料の出来で結構上司やクライアントからの評価も結構変わります。

 

特にWEBディレクターは具体的に何に対して工数を割いているのかが第三者から見ると不透明な職種です。

 

プロジェクトの進行管理という役割なので、報告資料で実際にプロジェクトが進んでいる、売上が上がっている、前進しているのを伝える必要があります。

 

ということで

今回は「報告資料の作り方」について、3つのポイントを紹介致します。

 

案件によってフォーマットは変わりますが、この3つさえ抑えており、且つ伝わればOKです。

 

あらかじめこの3ポイントを意識しておけば、資料を作る手が止まってしまうなんてことも減らせるかと思います。

 

逆にこの3ポイントが伴ってない資料だと

 

「結局何が言いたいの?」

「お前何やってたの?」

 

なんて詰められるかもしれないのでご注意を…

 

1.現状

まずは現状の報告です。

 

・売上

・進捗状況

 

ここまで何をしてきて、結果どうなったか」を分かりやすく報告しましょう。

 

ディレクターに限らずですがビジネスは"結論ファースト"です。

 

売上であれば、まずは数字を報告、そしてその数字に至った経緯(直近で打ち出した施策の具体的な内容等)をセットにして伝える形にしましょう。

 

資料でも口頭でも、

前置きが長かったり、結論が見えない報告やプレゼンは聴く側にとって結構地獄なので要注意です。

 

2.課題

 

・現状の問題点

・プロジェクトにおいて改善が必要な要素

 

何がうまくいってないのか、どこで問題が起きてるのか」が資料を見てすぐに理解できる内容を心がけましょう。

 

売上が目標に届いていない原因、PV(アクセス数)が足りないのかCTR(クリック率)が低いのかCVR(成約率)が低いのか、、、

 

アクセス(ユーザー)数×クリック率×成約率×客単価=売上』が基本なので、この式を担当している案件に当て込めば課題は明確になるかと思います。

 

開発等の進捗報告であれば、どの工程のどの部分で問題が起きているか、です。

 

3.改善策

 

課題を明確にしたら、それをクリアして目標を達成する為の改善策を明確に提示します。

 

・アクセス数を増やす為の改善策

・開発工程を円滑にする為の改善策

 

改善策を提示するうえでの大事なポイントは「納得できる仮説(根拠)があるかどうか」です。

 

感覚値で何となく改善策を出して、仮にそれが正しそうでもちゃんと考えたうえでの策で無ければ失敗する可能性も高く、詰められます。

 

××だから、○○することで問題を解決できるのではないか?」という仮説を立てたうえでの施策です。

 

その仮説は具体的且つ「第三者的にも納得感があるか」という点も意識してみてください。

 

 

クライアントによっては専門用語が全く通じない場合もあるので、必要に応じて補足を口頭でも伝えてあげると親切だと思います。

 

 

・現状

・課題

・改善策

 

この3点さえ明確になっていれば、報告資料としては成立するのでこれから作成される方、経験の浅い方はお役に立てて頂けますと幸いです。

WEBディレクターとは何?5分で極力わかりやすく解説

f:id:wt_maeji:20211016085110j:plain

こんにちは。

WEBディレクターの前島です。

 

「WEBディレクターって何?」

「具体的にどんな仕事をするの?」

 

上記の疑問にお答えできればと思います。

 

WEBディレクターは"WEBのなんでも屋"

 

結論からいうと、

「WEBディレクター」は"WEBのなんでも屋"です。

 

一般的な業務内容としては、

 

・案件のスケジュール管理

・施策の立案、提案、実行

ワイヤーフレーム作成

・制作物の依頼、進行管理

・顧客折衝

 

頑張って一言でまとめるなら、

WEBサービスの制作現場の進行管理役』と言えます。

 

ですが案件によっては、

 

・営業

SEO対策

・コンテンツ制作(ライティング)

・プログラミング

・分析

 

など、具体的な業務内容が変化したり、ディレクターが手を動かす場合も出てくるのではないでしょうか。

 

WEBメディアのディレクターであればSEO対策に注力する場合と広告に注力する場合、もしくは両方注力する場合もあります。

 

WEBディレクターにおいて必要なスキル

 

個人的に優先度の高いスキルを順にピックアップします。

 

1.コミュニケーション能力

クラアントや開発現場のメンバー、他部署のスタッフともやり取りを行うポジションなので、「極力人と関わりたくない」という場合はちょっと厳しいかもです。

 

ただしお喋り上手である必要はなくて、

 

・伝えたいことを迅速且つ正確に伝える

・プロジェクトメンバーの作業進捗をマメに確認する

 

といった能力が大事になると思います。

 

2.各領域の基本知識

・WEBマーケティング(SEO、広告、SNS等)

・プログラミング(HTML、CSSPHPJAVA等)

・WEBデザイン(PhotoshopIllustrator、その他ADOBE全般)

 

どのスキルが重要になるかはサービスの内容によりけりですが、制作メンバーとのコミュニケーションを円滑にする為にも基礎的な部分は抑えたほうがベターです。

 

戦闘力の低いWEBディレクターは器用貧乏、戦闘力の高いWEBディレクターはオールラウンダーという表現がわかりやすいと思います。

 

理想を言えば高精度の集客施策も打ててプログラムも書けてデザインもできる人材が最強ですが、何らかの"武器"は欲しいところです。

 

各分野について実際に勉強してみたり触ってみたり知見を溜めて、自分の武器を見つけましょう。

会社によってはPM的な動きも求められる

会社やプロジェクトによってはPM(プロジェクトマネージャー)のような動き方になるケースもあります。

 

進行管理だけでなく売上・数字等の管理も求められるので、そうした場合はより一層コミュニケーション能力が重要です。

 

報告資料の作成だけでも結構な工数になったりするので、任せられるタスクは必要に応じてメンバーに任せつつ、自分自身のタスクもしっかりスケジュールを立てて進めましょう。

 

日々のタスクを当日の朝に決めるのはイケてないので要注意です。

 

プロジェクトの目標数値と、それを達成する為の最適解・スケジュールを揃えて日々行動することで成果を上げることができます。

センスも実績もやる気も無い凡人以下がWEBディレクター歴戦個体になるまで

f:id:wt_maeji:20211009103511j:plain

初めまして。

WEBディレクターの前島裕と申します。

 

2015年3月に都内の大学を卒業、WEBディレクター歴はトータル約5年半ぐらいになります。

 

【これまでの主な実績】

・無料ブログを使った情報販売(SNS・メルマガマーケ)で月収100万円達成

・アフィリサイトで単月売上300万円達成(1サイト)

・事業会社のWEBメディアを半年弱で月間MAU2倍/売上3倍に改善成功

・その他SEO対策でビッグキーワードを個人ブログで1位を獲得

 

得意分野はSEO対策、ライティングになります。

 

私自身は情報商材という胡散臭いスタートラインから徐々にまともな方向へシフトしてきているような状態です。

 

新卒で何も考えず金融機関へ就職した末路

学生時代は体育会にテニス部に所属していましたが、就職活動はちゃんとやってなかった組の1人です。

 

内定を貰った金融機関は当時ネットでもブラックと評判でしたが、「体育会で頑張ってきたし何とかなるだろう」と思ってそのまま入社しました。

 

が、研修を終えて現場へ配属、個人・法人を問わずに飛び込み営業という業務内容に加え日常的なパワハラ等も相まって、すぐに逃げ出すことを決意します。

 

とはいえ

こんなすぐに会社を辞めてはスキルも忍耐力も無いと思われるワケなので、何かしらのスキルは欲しかった。

そこで出会ったのがブログです。

 

情報商材アフィリエイトで稼いでる知人にマーケやコピーライティングを一通り教わり、会社で働きながら残り時間はほぼほぼブログに費やしました。

 

そして社会人2年目になる直前にブログ経由の売上が当時の給料を超えたのをきっかけに脱サラし、ネットの世界へ本格的に参入することになります。

 

月収100万を達成したが再び会社員へ

 

脱サラしてからは情報商材の企画〜販売までを個人でこなしつつ、ライター、toC向けのコンサル業にも取り組み、最高月収は100万円を超えました。

 

しかし、、、

 

・継続性が無い

・社会的信用が無い

・自分自身の能力不足

 

その他多数のトラブルが理由でフリーでの活動が困難となり、再就職という道を選びました。

 

 

会社員に戻っても戦いは終わらない件

 

一度独立を経験すると、「会社員って楽」だと皆さん口を揃えて言いますよね。

 

確かに給料は貰えるし社会保障もあるし、税金周りも会社がやってくれるので楽なのは確かにそうだと思います。

 

私自身も脱サラして色々揉まれた結果「収入が少し安くても生活が安定すればそれでいい」という気持ちもありました。

 

ところが会社員に戻ってからも…

 

・経営難、倒産

パワハラ、クビ

・超安月給+残業時間が測定不能(全てタダ働き)

 

そういった経験をしまして、中々思うようにはいきません。

 

再び独立ルートへ

 

持論ですが形はどうあれ一度独立してからの再就職は「敗北者」だと思ってます。

 

一度脱サラしてちょっと稼いで調子に乗って、色々荒波に揉まれて心が折れまして、仕事はしつつも自分も気づかぬ間に自己肯定感も低下していたことに5年ぐらい経ってようやく気付きました。

 

職務経歴だけをまとめると相当メチャクチャになってはしまっていますが、経験と実績は少しずつ積み上がっているので、これまでの経験を前向きに活かそうと考えました。

 

情報商材というスタートラインですがWEBディレクターとして、ビジネスマンとしてさらに闘っていきたいと思います。